[速報コパ・アメリカ22]ペルー、粘り強い守備が実った! PK戦で優勝候補ウルグアイを撃破し4強へ

ウルグアイの猛攻を最後まで耐えしのいだペルー photo/Getty Images

ウルグアイは3度もゴールネットを揺らしたが全てオフサイド

現地時間29日、コパ・アメリカ2019の準々決勝が行われ、グループCを1位通過したウルグアイ代表とグループAで3位のペルー代表が激突した。

ペルーボールでキックオフされた試合は、一発勝負だからといって守備から入るのではなく、立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛け、両チームがアグレッシブなプレイを見せる。29分には、右クロスのこぼれ球をデ・アラスカエタが押し込み、ウルグアイが先制に成功したかと思われたが、クロスを上げたナンデスがわずかにオフサイドラインを超えていたため、ゴールは認められない。その後もウルグアイはいくつかチャンスを作るが、ゴールを奪うことができず。一方のペルーも、エースのゲレーロを攻撃の中心として相手陣内へ侵入するも、なかなかシュートまで持ち込むことができず、無得点のままハーフタイムを迎えている。

後半に入っても、縦への速い攻撃でチャンスを多く作るのはウルグアイ。59分には裏へ抜け出したカバーニがGKとの1対1を制し、73分にはカセレスの左クロスをスアレスが身体で押し込み、ゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によりともにノーゴールの判定。試合終盤は完全に試合を支配し、ペルーゴールに襲い掛かったウルグアイだが、相手の粘り強い守備に苦戦を強いられ、最後までゴールを奪うことができずにスコアレスで90分間を戦い終えている。

これによりベスト4最後のイスは、今大会の準々決勝では3度目となるPK戦に委ねられた。先行のウルグアイは、1番手キッカーのスアレスがGKの好セーブに阻まれ、まさかの失敗。それに対して、ペルーはゲレーロが落ち着いてゴール左に決める。そして、両チームもに2番手から5番手まで全員成功。この結果、5-4でPK戦を制したペルーが優勝候補ウルグアイを撃破し、チリ代表との準決勝へコマを進めている。


[メンバー]
ウルグアイ:ムスレラ、G・ゴンザレス、ゴディン、ヒメネス、カセレス、ベンタンクール、バルベルデ(→ストゥアーニ 90+7)、デ・アラスカエタ、ナンデス(→トレイラ 57)、スアレス、カバーニ

ペルー:ガジェセ、トラウコ、アブラム、サンブラーノ、アドビンクラ、ジョトゥン、タピア、フローレス、クエバ(→ルイディアス 85)、カリージョ(→C・ゴンザレス 75)、ゲレーロ

[スコア]
ウルグアイ 0-0(PK戦 4-5) ペルー

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ