アーセナルが来季成功するためにやるべきことは? 2点をクラブOBが指摘

今季から指揮官に就任したエメリ photo/Getty Images

来季こそトップ4フィニッシュを

今季プレミアリーグを5位で終えたアーセナル。ヨーロッパリーグ決勝でチェルシーに敗れたこともあり、来季チャンピオンズリーグ出場を逃すこととなってしまった。来季は心機一転トップ4フィニッシュを目指したいところだ。

そんな中、クラブOBであるローレン・エタメ氏が古巣に対してアドバイスを送っている。英『DAILY STAR』によると、同氏は来季アーセナルが成功を収めるためにやらなければいけないことを2つ挙げた。

「オバメヤンとラカゼットは来季アーセナルが成功をおさめるために不可欠だ。クラブは彼らの慰留に全力を注いでいる。私は2人がアーセナルに残留してくれることを願っているよ。トップレベルで活躍すれば、欧州のクラブはその選手とサインを交わそうとする。アーセナルは戦力を維持するためにできる限りのことをしなければいけないよ」

「エジルは来季もアーセナルにとどまるだろうが、彼は自分のポテンシャルをすべて発揮する必要がある。アーセナル、レアル・マドリード、バルセロナ、どこであろうと大きな舞台で戦うために最高のプレイヤーを求めている。でもエジルは昨季、何度も期待を裏切った。重要な試合だったEL準々決勝と準決勝、そして決勝でも存在感がなかった。これは非常に悪いことだ。エジルは大きな可能性を秘めている。エメリも真っ先に彼を改善しようと取り組むことだろうね」

ローレン氏は今季相手の脅威となった2トップの慰留と、本来の力を発揮できなかったエジルの復活が躍進のカギになると主張している。最終ラインのテコ入れも盛んに指摘されるアーセナルだが、同氏はまず強力攻撃陣の戦力維持・増強が重要だと考えているようだ。

2018-19シーズンは屈辱を味わったアーセナルだが、かつての輝きを取り戻すことはできるのだろうか。エメリ体制2年目の来季は、真価を試されるシーズンとなりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ