“世界最高”となる日は近い? プレミアで躍動し続ける24歳

マンCのプレミア連覇に多大な貢献を果たしたスターリング photo/Getty Images

同僚もベタ褒め

PFA年間最優秀選手賞こそリヴァプールのDFフィルジル・ファン・ダイクに譲ったが、今季マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリングが見せた活躍は素晴らしいものだった。2018-19シーズン、彼はプレミアリーグで17ゴール12アシストを記録。24歳ながらチームに必要不可欠な存在としてマンC攻撃陣を牽引した。

そんな彼のことを同僚のMFファビアン・デルフが絶賛している。どうやらデルフは、スターリングのことを世界最高の選手の1人だと考えているようだ。

「ラヒームは素晴らしいね、彼が24歳であることを忘れるほどに。私は彼が80%ぐらいの力でプレイしていると思っているんだ。もう少し本気を出したら、今後数年間で可能性は無限大になるだろう。今、彼は世界で最高の選手の1人さ」

デルフがこのように語ったことを英『Daily Mirror』が伝えた。さらに彼は、スターリングと自分が同期入団であることにも言及し、この24歳の人柄についても次のように述べた。

「ラヒームの成長を何年もの間見守ってきた。彼は当時と何も変わっていないよ。唯一違いがあるとすれば、人々が彼を知っていることかな。誰もが彼の優しさと謙虚さ、そしてどれほど優秀な選手かを理解することができる。彼は私が今までサッカー界で出会った中で、一番強い心を持っているね。ラヒームには戸惑いがないんだ。自分にとても自信を持っているし、与えられた仕事に対してとても熱心だよ」

スターリングが若くしてその名を世界に轟かせたのは、この心の強さが関係しているのだろうか。プレミアで結果を残し続ける秘訣は、こういったところにあるのかもしれない。

現時点でも世界最高レベルの選手として認知されているスターリングだが、彼は一体どこまで成長を続けるのか。いずれは、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドに匹敵する異次元の存在となってほしいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ