ユヴェントスは“チームの核”放出も覚悟? BBCの後継者確保は茨の道か

マルキーニョスとのトレード要員として名前の挙がったピャニッチ photo/Getty Images

ブラジル代表DF獲得は困難か

これまでは「BBC」という強力なユニットを抱え、鉄壁の守備を誇ってきたユヴェントス。しかし、その一角であるアンドレア・バルザーリが今季限りでの引退を決断した。残ったジョルジョ・キエッリーニとレオナルド・ボヌッチは、それぞれ34歳と32歳。ともにいつ衰えがきてもおかしくなく、最終ラインの世代交代は急務と言える。

今季は24歳のダニエレ・ルガーニも奮闘したが、彼だけでは枚数が足りない。マルティン・カセレスも急場しのぎで獲得した選手だ。この現状を打破するために、ユヴェントスはパリ・サンジェルマンの25歳を狙うようだ。

伊『calciomercato』によると、ターゲットとなっているのはPSGのブラジル代表DFマルキーニョス。獲得には最低でも6000万ユーロが必要とされるが、ユヴェントスはボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードも辞さない構えだという。

チームの核とも言えるピャニッチを手放すほどの覚悟。イタリア王者は必死だ。それもそのはず、ユヴェントスの本命だったアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトは、バルセロナへの移籍が目前と現地で伝えられている。彼の代わりとはいえ、マルキーニョスは絶対に確保しておきたいところだろう。

ブラジル代表DF獲得のミッションは、今後どのような展開を見せるのか。交渉は長期化しそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ