レアルに残るのは不可能 ベイルの移籍について言及した元会長

最近はベンチを温める機会も多いベイル photo/Getty Images

ジダンはベイルを必要としていない?

今夏の去就に注目が集まっているレアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルについて、かつて同クラブの会長を務めたラモン・カルデロン氏が言及している。

2013年夏にトッテナムからレアルへ移籍したベイル。加入当初はコンスタントに結果を残していたものの、近年はたび重なる怪我にも悩まされ、思うようなパフォーマンスを発揮することができず。勝負強さを発揮する場面も見られるが、今季はリーグ戦29試合に出場し、わずか8ゴールにとどまった。昨夏にクリスティアーノ・ロナウドが退団し、新エースとして期待されていたこともあり、ファンからの厳しい声も多い。こういった状況もあり、2022年6月までの契約を結んでいるベイルだが、今夏の退団は避けられないと報じるメディアも少なくないのだ。

カルデロン氏も「ベイルの今夏の退団は避けられない」と見ている人のひとりのようだ。英『BBC』のインタビューに応じた際に「ジダンは彼のことに熱心ではない。終わりを迎えそうな関係だ。あれ(今季最終戦)が彼にとってレアルでの最後の試合になったかもしれない」とコメント。さらに「ジダンが昨年退任した時、彼はロナウドをチームへ留め、ベイルを売却することが不可欠だと思っていた。ただ、レアルはそれをしないことを決めたがね。彼がここに残るのは不可能だと思うよ。コーチやファンとの関係を見ればわかるだろう。彼らはベイルがコミットしていないと思っているし、それは問題でもある。彼にとってベストは移籍することだ」などと話している。

はたして、ベイルは今夏の移籍市場で新天地を探すこととなるのか。今後の動向にも注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ