グリーズマンより上は”2人”だけ! 21世紀のアトレティコFWトップ10

アトレティコのグリーズマン photo/Getty Images

退団を機にランキング発表

今月14日、アトレティコ・マドリードはFWアントワーヌ・グリーズマンが今季限りで退団することを発表した。2014年に加入して以降、グリーズマンはアトレティコで通算257試合に出場して133得点を記録。残念ながらリーガ・エスパニョーラ制覇は果たせなかったが、アトレティコの歴史に名を刻む名アタッカーなのは間違いない。

そこで英『Squawka』は、2000年代以降アトレティコでプレイしたFWをランキング化。2000年代のアトレティコを支えた最高のストライカーを選んでいる。気になる1位は誰なのか、今回はトップ10を紹介する。

10位:ケビン・ガメイロ 83戦27得点

9位:マリオ・マンジュキッチ 43戦20得点

8位:ジミー・フロイド・ハッセルバインク 43戦33得点

7位:ダビド・ビジャ 47戦15得点

6位:セルヒオ・アグエロ 230戦100得点

5位:ディエゴ・フォルラン 198戦96得点

4位:ジエゴ・コスタ 178戦76得点

3位:アントワーヌ・グリーズマン 257戦133得点

2位:ラダメル・ファルカオ 91戦70得点

1位:フェルナンド・トーレス 404戦129得点


グリーズマンは得点数こそ上回っていたが、3位だった。2位のファルカオは得点率がとんでもないことになっており、スペイン国王杯に加えてヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップを制している。同メディアも当時ファルカオを止められるDFはいなかったと称えており、得点部分だけを見れば当時のファルカオが上か。

そして1位はサガン鳥栖でプレイするトーレスだ。得点数ではグリーズマンが上回るが、アトレティコのレジェンドとして圧倒的な人気を誇る。単なる得点数だけで比べられるものではないのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ