ユーヴェは10番を手放すべき? ジダン&インザーギ売却の記憶に重ねる声も

ユヴェントスのディバラ photo/Getty Images

10番背負うディバラがなかなか主役になれず

今夏の市場で注目を集める選手の1人が、ユヴェントスFWパウロ・ディバラだ。アルゼンチンでリオネル・メッシとも比較されてきたディバラはトップレベルの実力者だが、今のユヴェントスでは重要な存在になりきれていない。

昨夏にはクリスティアーノ・ロナウドが加わり、全てがロナウドを中心に回り始めた。それもディバラが思うようなパフォーマンスを発揮できていない原因の1つと考えられている。

ロナウドが原因でディバラ放出となれば残念なニュースではあるものの、英『Daily Mail』は売却益を巧みに活かせるのであればディバラの放出も悪くないと考えている。ユヴェントスの補強リストにはインテルFWマウロ・イカルディ、ベンフィカMFジョアン・フェリックス、フィオレンティーナFWフェデリコ・キエーザ、リヴァプールFWモハメド・サラーらビッグな名前が挙がっているようで、彼らを獲るためにディバラを手放すのも1つの方法だ。

同メディアが思い出しているのは、ジネディーヌ・ジダンとフィリッポ・インザーギを放出した2001年のことだ。当時は2人とも世界トップレベルの存在だったが、ユヴェントスは彼らを売却してGKジャンルイジ・ブッフォン、DFリリアン・テュラム、MFパヴェル・ネドベド、FWマルセロ・サラスらを補強。結果的にはこれがヒットし、そこからセリエAで連覇を達成。2002-03シーズンではチャンピオンズリーグで準優勝まで果たしている。ジダンとインザーギの売却益を活かした見事な補強だったと言えよう。

ディバラを売却すれば1億ユーロほどになると考えられているため、その売却益を使って2選手ほど実力者を加えるのも悪くない。同メディアはディバラを最も活かせるシステムとして[4-3-1-2]を挙げ、トップ下の位置でプレイするのがベストと主張している。しかし今夏にはアーセナルからアーロン・ラムジーもやってくる。トップ下の競争は激しく、ディバラがポジションを掴めるは分からない。

何よりディバラは実力を発揮できるポジションが限られているため、指揮官としてはやや使いづらい選手でもある。来季もディバラが絶対的な存在になれない場合は売却も1つの手かもしれないが、ユヴェントスはチームの象徴である10番を託した天才レフティーをどう扱っていくのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ