ブンデス最高クラスのDF! ”ロシアW杯ベストゴール”の男が見せたい守備力

シュッツトガルトのパヴァール photo/Getty Images

話題はW杯のスーパーボレーばかり

昨年行われたロシアワールドカップでは数多くのビューティフルゴールが生まれたが、FIFAの選ぶ大会ベストゴールに選ばれたのはシュッツトガルトに所属するフランス代表DFベンジャミン・パヴァールがアルゼンチン代表戦で決めたスーパーボレーシュートだった。このゴールを記憶している人は多いだろう。

ただ、パヴァールはあくまでDFの選手だ。フランス代表では右サイドバックとして出場していたが、センターバックもこなす守備的な選手と言える。そんなパヴァールは来季よりバイエルンでプレイすることが決まっている。ブンデスリーガ公式によると、パヴァールはワールドカップでのボレーシュートで注目を集めたことも悪い気はしないようだが、自分の守備を見てほしいと語っている。

「僕はあのシュート1本でバイエルンとサインしたわけではない。バイエルンが僕を獲得したのは僕がブンデスリーガ最高のDFの1人だからさ。守備面でも僕は強いし、テクニックだってある。僕は自信たっぷりだし、タイトルに飢えている。ワールドカップを制してから僕のモチベーションはより大きくなったんだ。僕にとってはバイエルンだけだった。その他のクラブに行くつもりはなかったよ。バイエルンにNoとは言えない。彼らはドイツ最大のクラブであり、常に多くのタイトルを獲得しているからね」

バイエルンの最終ラインは世代交代が求められている。23歳のパヴァールは長期的にバイエルンの守備を支えることが期待されており、来季は自身の守備力がチャンピオンズリーグなど大舞台でも通用するかを試す機会となりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ