「全盛期の中田英寿が上」 ”アジア史上最高選手”はソン・フンミン説で大議論

元日本代表の中田英寿 photo/Getty Images

ソン・フンミンはCL通算得点ランクでアジア人選手トップに

17日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグのマンチェスター・シティ戦で2得点を決めたトッテナムFWソン・フンミンは、CL通算得点を12得点としてアジア人選手最多得点記録を更新した。

では、CL通算得点記録を塗り替えたソン・フンミンはアジア史上最高の選手なのだろうか。ある1人の選手のツイートから大きな議論が起きている。

英『The Scotsman』によると、注目を集めているのはスコットランドのキルマーノックでプレイするジョーダン・ジョーンズのツイートだ。ジョーンズは「ソン・フンミンはアジア史上最高の選手」とツイートし、異論は認めないとの姿勢を取っていた。

それに対し、様々な意見が寄せられた。まず最初は、セルティックで活躍した元日本代表MF中村俊輔を推す声だ。「中村こそアジア史上最高の選手」、「中村が圧倒的」との意見が出され、これはスコットランドのサッカーを知る者なら誰もが納得してしまう答えだ。

さらには、「もちろん中田英寿だ」、「全盛の中田は越えられないだろう」、「中田かアリ・ダエイ」など、元日本代表MF中田英寿を推す声も目立つ。中田はローマでセリエAを制するなど、当時世界最高クラスと言われたイタリアで結果を出してきた実績がある。

他にはミランの10番を背負った本田圭佑、ソン・フンミンも成し遂げていないプレミアリーグ制覇を達成した岡崎慎司、香川真司の名前も出ている。

ただ、その中で一番多かったのはマンチェスター・ユナイテッドで数多くのタイトルを獲得した元韓国代表MFパク・チソンだ。「パク>中田英寿>ソン・フンミン」との意見もあり、クリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーらとチャンピオンズリーグも制したパク・チソンの経歴は派手だ。

意見が分かれるところだろうが、ソン・フンミンの活躍からアジア史上最高選手を巡る議論は活発になっている。何かビッグタイトルさえ獲得できれば、ソン・フンミンとの意見ももう少し増えてくるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ