ユーヴェ、キエッリーニとマンジュキッチが招集外 アヤックス戦の起用法は?

アッレグリ監督は今季こそユヴェントスを欧州制覇へ導けるか photo/Getty Images

ディバラとキーンのどちらかが先発に

ユヴェントスは16日、チャンピオンズリーグ・準々決勝の2ndレグで、アヤックスをホームへ迎入れる。重要な一戦を前に、指揮官を務めるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、意気込みなどを明かした。

敵地で行われた1stレグでは、貴重なアウェイゴールを奪い、1-1のドローで試合を終えていたユヴェントス。試合前日の15日にアヤックス戦へ向けた招集メンバーを発表した。クラブの公式サイトによると、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、FWパウロ・ディバラやMFミラレム・ピャニッチ、DFレオナルド・ボヌッチなど、主力が順当に選ばれた。また、この試合への出場が懸念されていたMFブレイズ・マテュイディやMFサミ・ケディラ、FWドウグラス・コスタらも無事名を連ねている。一方で、1stレグを欠場していた主将のジョルジョ・キエッリーニと1stレグでキャプテンマークを巻いてプレイしたマリオ・マンジュキッチが、負傷によりメンバーから外れている。

アッレグリ監督は試合の前日会見で、欠場が決まったマンジュキッチについて言及。「マンジュキッチはミラン戦後から膝の問題を抱えていた。今日のトレーニングで色々試したみたが、欠場しなければならない状態だった」と話している。また、マンジュキッチの代役として、「明日の夜はディバラと(モイーズ・)キーンのどちらかを、スタートから起用することになるだろう」と明かした。

さらに、他の選手についても「D・コスタは1stレグの後に再び問題が発生した。ベストな状態ではないが、15〜30分はプレイできる状態だ。それだけあれば、彼は決定的な仕事ができるからね。アレックス・サンドロも明日はプレイするだろう。(レオナルド・)スピナッツォーラはアトレティコ・マドリードを相手によくやったが、心身ともに残りのエネルギーを使い切ってしまった。ゆっくりとビッグゲームに慣れる必要があり、(SPAL戦から)中3日でプレイする必要はない。クリスティアーノは驚くべきクオリティを持っており、彼はゲームに入ったら豹変する。彼の顔を見たらそれがわかるよ。フィジカル的にも良好だ 」と述べている。

その上で「1stの結果は関係ない。我々はアトレティコを相手に行ったような強度でプレイしなければならない。アヤックスに対して大きな敬意を持って、アムステルダムで行なったよりもはるかに高い精度でボールを回す必要がある。これらの2つを行うことができれば、我々はここを突破すすることができるはずだ」と語ったアッレグリ監督。勢いに乗る若きタレント軍団アヤックスを退け、ユヴェントスをまた一歩、悲願の欧州制覇へと近づけることができるのか。

ユヴェントスの招集メンバーは以下の通り

GK:シュチェスニー、ピンソーリオ、ロリア
DF:デ・シリオ、A・サンドロ、バルザーリ、ボヌッチ、カンセロ、ルガーニ、スピナッツォーラ 、
MF:ピャニッチ、ケディラ、マテュイディ、E・チャン、ベンタンクール、カビーリャ
FW:ロナウド、ディバラ、D・コスタ、キーン、ベルナルデスキ、

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ