構想外だったドルトの”天才”によもやの復活劇! 苦境の中で見つけた新しい道

ドルトムントのヴァイグル(左) photo/Getty Images

若い頃より絶賛されたMFだったが……

今季ブンデスリーガで優勝争いに絡んでいるドルトムントは、開幕から新加入選手たちが話題をさらった。試合に出るたび得点を記録していたFWパコ・アルカセル、中盤に安定感をプラスしたアクセル・ヴィツェルとトーマス・デラネイらはすぐチームの中心となり、補強のヒットこそドルトムントが優勝争いに絡めた理由でもある。

その一方で、影の薄くなってしまった選手がいた。昨季までビッグクラブによる争奪戦が起こると注目されてきたMFユリアン・ヴァイグルだ。ヴァイグルは中盤の底から攻撃を組み立てられる実力者だが、今季からチームを指揮するルシアン・ファブレは早々にヴィツェルとデラネイのコンビで中盤を固めてしまった。出遅れたヴァイグルはポジションを奪えず、開幕から16試合で僅か3試合しか出場できない予想外の大苦戦を強いられた。

ヴァイグルには退団説も出ていたが、ドルトムント公式はここへきて再び重要な存在になってきたと指摘する。ポジションは本職の中盤ではなく、センターバックだ。ドルトムントは守備陣に負傷者が続出してしまい、ファブレは緊急策としてヴァイグルをチョイスした。ヴァイグルもリーグ戦第17節ボルシアMG戦の前にセンターバックを担当できるか直接聞かれたと明かしている。

ファブレにとってはイレギュラーな起用だったはずだが、ヴァイグルはこの役割に適応。それからはセンターバックとして6試合続けてフル出場し、中盤の底とは異なるポジションで再び重要な存在となったのだ。186cmとサイズもまずまずで、中盤を担当していただけあって足下の技術は信頼できる。最後方から攻撃を組み立てていくことも可能だ。

同サイトもサッカー選手に何でも起こり得ることをヴァイグルが証明したと伝えているが、今季のヴァイグルは苦しみながらも新たな役割を身につけて成長している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ