“ジダン改革”は早くも始まっている! レアル復帰後の2試合で19選手も起用

レアルを指揮するジダン photo/Getty Images

すでにサバイバルがスタート

サンティアゴ・ソラーリに代わってレアル・マドリードの指揮官に就任したジネディーヌ・ジダンは、来季へ向けてチームをどう強化していくのか。すでにチャンピオンズリーグとスペイン国王杯は敗退し、リーグ戦ではバルセロナに大きくリードされている。今はタイトルのことよりも、来季の巻き返しへ構想を練る段階にあると言っていい。

スペイン『MARCA』は、早くもジダンが改革へ動き始めていると取り上げている。ジダンは前節のセルタ戦からチームを指揮しているが、先日のウエスカ戦との2試合で計19人もの選手を起用しているのだ。

セルタ戦ではソラーリの下で構想から外れていたGKケイロル・ナバス、DFマルセロ、MFイスコを先発させ、FWマリアーノ、MFダニ・セバージョス、フェデリコ・バルベルデを途中出場させた。

続くウエスカ戦ではMFマルコス・ジョレンテ、若いMFブラヒム・ディアス、さらにはGKでルカ・ジダンを先発させるサプライズもあった。多くの選手にチャンスを与えながら、選手たちの状態や力量を見定めているのだろう。

起用されていないのは負傷離脱しているFWヴィニシウス・ジュニオール、DFダニエル・カルバハル、GKティボ・クルトワ、出場停止があったMFカゼミロ、マルセロと再び序列が変わりつつあるDFセルヒオ・レギロン、センターバックで出番のないDFヘスス・バジェホの6名。まだ2試合だが、ジダンが復帰してから早くも改革の雰囲気が漂う。

今夏には大金を投じた補強にも動くだろうが、ジダンは選手たちの序列をどう判断していくのか。まだシーズン途中だが、来季へ向けたサバイバルはスタートしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ