スペイン代表監督がモラタの復調に太鼓判! 「チェルシーのときよりも良くなっている」

ノルウェー戦に先発出場したモラタ(画像中央) photo/Getty Images

しばらく輝けなかったモラタだが

今冬、チェルシーからアトレティコ・マドリードへの期限付き移籍を果たしたFWアルバロ・モラタ。彼は現在EURO予選を戦うスペイン代表に合流しており、現地時間23日に行われたノルウェー戦に先発出場を果たしている。この試合で6本のシュートを放ちながら無得点に終わったものの、スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督は彼のパフォーマンスに不満を感じてはいないようだ。

英『Squawka』によると、エンリケ監督はノルウェー戦後の記者会見にてモラタがチェルシーからアトレティコに移籍したことでパフォーマンスが向上したと主張している。

「私はモラタがチェルシーにいたときよりもずっと良くなっているように見えるね。彼はこれまでも私たちにとって重要な存在だったが今ではより決定的になっている、この試合で終盤まで見せたボールキープがいい例だ。自信を持ってやっていたよ。彼には多くのチャンスがあったし、いるべき場所にいた。幸運には恵まれなかったけど、彼は素晴らしい試合をしたさ。私たちと一緒にやった中ではベストマッチだね」

モラタは今季前半のチェルシー在籍時にはわずか5得点。チームにおいて絶対的なスコアラーとは呼べない立場となっていた。しかし、1月にアトレティコへ加入してからは8試合で3得点と徐々に本来のパフォーマンスを取り戻している。エンリケ監督はこの復調の兆しをうけて、彼を周囲の雑音から守りたかったのだろう。

昨年のW杯スペイン代表落選やプレミアでの不調から立ち直りつつあるモラタ。これらの苦い経験を経て、また一回り成長した彼を見ることができる日は近いかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ