怒りのチェルシーファンが観戦ボイコット始める ロンドンダービーも放棄

失点に頭を抱えるチェルシーのサッリ監督 photo/Getty Images

サッリ監督への抗議か

3月18日のエヴァートン戦に敗れ、CL出場権争いから一歩後退した感のあるチェルシー。解任も噂されるマウリツィオ・サッリ監督は、いよいよサポーターからの信頼も失おうとしているかもしれない。

英『Daily Mail』によれば、チェルシーのシーズンチケットホルダーたちがサッリ監督に抗議し、シーズンチケットによる自分たちの席を売りに出そうとしているという。4月8日にはホームゲームでウェストハムとのロンドンダービーが行われるが、ダービーマッチにもかかわらず、クラブの公式チケット交換サービス(チケットホルダーの席を他の人に譲ることができる)には、すでに400件を超える申し込みがあったようだ。

次回のホームゲームである4月3日のブライトン戦にも、150件近いシート譲渡の申し込みがあるという。思えば、第30節のウォルバーハンプトン戦でも、スタンフォード・ブリッジにはやや空席が目立っていた。シーズンチケットを所有することは“本気のチェルシーファン”の証であるはずだが、それを放棄したくなるほどに、サッリのやり方に対しての疑問が大きいということなのだろう。

とはいえ、3位トッテナムとの勝ち点差は現状で4であり、絶望的に離されているわけでもない。サッリの目指す緻密なスタイルのサッカーが1年足らずで容易に浸透するはずもなく、客観的に見ればよくやっているとも言える。まだまだ巻き返しも可能なだけに、サッリにはプレッシャーを跳ね除け、サポーターの信頼を改めて掴んでもらいたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ