シャビとグアルディオラを思わせる バルサの柱となる”パスマスター”

バルセロナのアルトゥール photo/Getty Images

来季も不動の存在に

バルセロナはアヤックスからMFフレンキー・デ・ヨングの獲得を決めているが、デ・ヨングでもMFアルトゥール・メロの牙城を崩すことは難しいだろう。今季からバルセロナでプレイするアルトゥールはブラジルのグレミオからやってきた選手だが、すでにバルセロナの哲学に完璧にマッチしている。アンカーのセルヒオ・ブスケッツ、そしてアルトゥールは来季も不動の存在となるだろう。

スペイン『MARCA』もアルトゥールの存在感を絶賛する。バルセロナは先日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでリヨンを5-1のスコアで撃破したが、このゲームでもアルトゥールの存在感は抜群だった。73分でピッチを去ったものの、チーム3位となる79回のボールタッチを記録。パス成功率も驚異の97%を記録しており、相手のプレスを受けても確実に繋ぐ力がある。

同メディアはそんなアルトゥールをシャビ・エルナンデス、そして選手としても指揮官としてもバルセロナで活躍したジョゼップ・グアルディオラの中間にあたるMFと表現している。ブスケッツとショートパスを繰り返す姿はシャビを思い出させるものがあり、シャビ2世といった呼び名もすでにしっくりくるものとなっている。

「アルトゥールはこれから数年間バルセロナがタイトルを獲得するうえで重要な選手となる」

同メディアはアルトゥールを1人のキーマンと考えているようで、今のところアルトゥールがポジションを失うことはないだろう。デ・ヨングが加わることで誕生する豪華な中盤も楽しみで、バルセロナが再び圧倒的にボールを支配する時がくるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ