[移籍]名将ファーガソンも惚れたドリブラー 新天地はアメリカに決定

アメリカ行きを決断したナニ photo/Getty Images

マンU時代の戦友ルーニーと対戦も

MLSのオーランド・シティは18日、スポルティングから元ポルトガル代表FWナニを獲得したと発表した。移籍金はフリーで、契約期間は2021年末までの3年間となっている。

現在32歳のナニはスポルティングの下部組織出身で、2005年にトップチームへ昇格。当時18歳ながらポルトガルの名門クラブですぐさま定位置を確保すると、2005-06シーズンはリーグ戦29試合に出場し、4ゴール4アシストを記録している。翌シーズンもチームの主力として活躍すると、そんな若き才能に目をつけたマンチェスター・ユナイテッドが2007年に獲得。創造性あふれるドリブルなどを武器に、欧州制覇や4度のプレミアリーグ優勝など、様々なタイトル獲得に貢献した。

しかし、恩師であるアレックス・ファーガソン監督が勇退すると、出場機会が激減。怪我などにも悩まされ、思うような出場機会を得られず、2014-15シーズンは古巣スポルティングへレンタル移籍した。そして、シーズン終了後にマンUを退団し、その後はフェネルバフチェやバレンシア、ラツィオなどでプレイ。昨夏に古巣スポルティングへ2度目の復帰を果たしており、今季はチームのキャプテンマークを巻いて公式戦28試合に出場し、9ゴール7アシストを記録していた。

また、2006年9月にポルトガル代表デビューを飾ったナニ。これまで112キャップ23ゴールを記録しており、クリスティアーノ・ロナウドらとともに長年にわたって同国代表を牽引してきた。そして、EURO2016では全試合に出場すると、3ゴール1アシストを挙げる活躍で初優勝に貢献している。

アメリカ挑戦を決断したナニだが、新天地で飛躍を遂げることができるのか。マンU時代の戦友で、現在D.C.ユナイテッドでプレイする元イングランド代表FWウェイン・ルーニーとの対戦にも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ