サラ捜索は打ち切りに ハリルも言葉詰まらせ「最後の日にも話をしたんだ」

信頼で結ばれていたサラとハリル監督 photo/Getty Images

「真の戦士で、尊敬に値する男だった」

リーグ・アンのナントからプレミアリーグのカーディフに移籍したアルゼンチン人エミリアーノ・サラを乗せた小型飛行機が行方不明になった事件で、イギリスの警察当局は捜索の打ち切りを発表した。捜索は3日間続けられたが、生存確率は極めて低いという判断に至ったようだ。

ナントを率いているヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、悲痛な涙を浮かべながら取材に応えている。英『Daily Mail』など各紙が報じた。

「このことについて話すのは辛い。とても辛いときだ。全員がショックを受けたし、特殊な状況にある。彼にはとても人を惹きつける魅力があり、親切で尊敬に値する人物だ。真の戦士で、クラブを愛していた。ここに来たときから、特別な関係だったよ。いろんなことを話し合った……」

ここまで話すと、感極まったハリルは言葉を詰まらせ、ボトルからひと口飲んでから震える声で続ける。

「ここを去る最後の日にも長い話をしたんだ。彼は私にありがとうを言いに来て、いろんなことを話した。彼が悪く言われているのは聞いたことがないよ。とても素晴らしい男だ。もう、十分話しただろう」

また、『Daily Mirror』によると、ハリルホジッチは集まったファンに対してもメッセージを送っている。

「あなた方が今日我々と共にありたいと願うなら、共に乗り越えよう。この辛いときを乗り越えるため、我々は団結しよう。ありがとう、活気あるナント」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ