45分間出場してたった3回しかボールに触らない!? 酒井同僚FWが珍記録

マルセイユのミトログル photo/Getty Images

前半だけで交代

他クラブと消化試合数に差があるとはいえ、現在リーグ・アンで6位に留まっているマルセイユには批判的な意見が出ている。モンペリエやサンテティエンヌより下の位置にいることにサポーターもフラストレーションを溜めていることだろう。

そのマルセイユが22日に行われたアンジェ戦で奇妙な記録を作ってしまった。注目を集めているのはセンターフォワードとして先発したFWコンスタンティノス・ミトログルだ。ミトログルは188cmのサイズを誇る大型ストライカーだが、スペイン『MARCA』によればミトログルはアンジェ戦でたった3回しかボールに触らなかったというのだ。

それもそのうちの1回はキックオフ時のものとなっており、ミトログルは前半45分だけでルーカス・オカンポスと交代させられている。リーグ・アンにおいて45分間でこれだけタッチ数が少なかったのはデータを取り始めた2006-07シーズン以降では最低の数字となるようで、「ゴーストなのか?」と伝えられている。

試合は前半36分に先制を許し、84分になってようやくブナ・サールの得点で追いついて1-1のドローに終わっている。ボールは支配していたのだが、それを活かしきることができなかったようだ。昨季はヨーロッパリーグ決勝まで進むなどクラブの成長を感じさせるシーズンだったが、後半戦から巻き返せるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ