レアルの若手積極起用に注目集まる ソラーリが可能性見せる新Bチーム完成

レアルの若手の1人ヴィニシウス・ジュニオール photo/Getty Images

若手のチャンス増加

ジネディーヌ・ジダンの下で大きな成功を収めたレアル・マドリードは、Bチームの存在が効いていた。アルバロ・モラタ、ハメス・ロドリゲスなど実力者がバックアッパーに控えていたため、超強力なターンオーバーが実現可能だったのだ。

しかし、モラタもハメスもチームを去った。今のレアルには当時ほど強力なBチームは存在しない。効果的なターンオーバーを実現するのは難しくなっているが、現在チームを指揮するサンティアゴ・ソラーリが新たなアイディアでBチームを強化しようとしている。

スペイン『MARCA』が注目しているのは、積極的な若手起用だ。勝利が義務付けられるレアルにおいて若手の起用は難易度が高いのだが、ソラーリは下部組織で指揮を執ってきた経験から若手のことを信頼している。ダニ・セバージョス(22)、マルコス・ジョレンテ(23)、セルヒオ・レギロン(21)らも出場機会を得ており、若手のステップアップが新Bチーム結成への第1歩となっている。

他にも20歳のMFフェデリコ・バルベルデも今節のバレンシア戦で途中出場し、下のカテゴリーでプレイを続けていた21歳DFハビ・サンチェスもソラーリが就任してからはトップチームの試合でベンチ入りを続けている。さらに同メディアはヴィニシウス・ジュニオールの重要性も高まってきたと見ており、この方針に納得している。

バレンシア戦は2-0で勝利したが、同メディアによればこの試合のレアルの平均年齢は25歳となっている。スター軍団の中で世代交代を進めるのは簡単ではないが、ソラーリの試みは数年後の大成功に繋がる可能性を秘めている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ