ミラン、中国、デポル、今度はカメルーン セードルフ監督全く結果出ず

カメルーン代表を指揮するセードルフ photo/Getty Images

プレミアでの指揮を夢見るが……

名選手が名指揮官になれるとは限らない。それを証明してしまっているのが、現役時代にミランやレアル・マドリードで成功を収めたクラレンス・セードルフだ。

現役時代の経歴は見事なのだが、指揮官では全く結果が出ない。2014年1月に古巣ミランの指揮官に就任すると、思うような結果を残せずシーズン終了後に退任。2016年7月からは中国の深センで指揮を執ったが、5か月後に解任。今年2月からはデポルティーボを指揮したが、こちらもシーズン終了後に退任している。

ミランは混乱期にあった中での指揮で、セードルフも不運だったのは間違いない。しかし、その後も半年持たずにチームを離れるケースが続いている。そして今セードルフが取り組んでいるチャレンジが、カメルーン代表監督である。

セードルフは8月よりカメルーンを指揮しており、アフリカを代表する強豪として結果が求められている。ところが、ここまでは5試合戦って僅か1勝と苦戦している。モロッコには0-2で敗れ、マラウィとは引き分けた。ここまで順調な滑り出しとは言えないだろう。

それでもセードルフには、いつかイングランドで指揮を執りたいとの野望がある。英『sky SPORTS』によると、セードルフは「私はプレミアリーグでプレイしたことがないからね。願わくば遅かれ早かれ実現してほしいね。今最もエキサイティングなリーグであり、あそこで仕事ができるのは名誉なことだ」とコメントしている。

プレミアにはユルゲン・クロップやジョゼップ・グアルディオラら名将と呼ばれる者たちが集まっている。セードルフはまず実績を積む必要があるが、カメルーンで成功を収められるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ