本田圭佑、巧みなパスカットで今季2得点目 またも好スタッツ記録[映像アリ]

相手のミスを見逃さなかった本田 photo/Getty Images

攻守両面で存在感示す

今夏よりメルボルン・ビクトリーでプレイしているMF本田圭佑が、11日に行われたAリーグ第4節(セントラルコースト・マリナーズ戦)でゴールを挙げた。

両チーム無得点で迎えた30分、敵陣の深い位置で相手選手のパスをカットした本田が、スピードに乗ったドリブルでペナルティエリア内へ侵入。ゴール左隅へシュートを流し込み、同クラブに貴重な先制点をもたらした。なお、この本田のゴールで勢いづいたメルボルン・ビクトリーは前半だけで3得点を奪い、最終スコア4-1で勝利している。

第4節終了時点で2得点3アシストを記録している本田だが、特筆すべきは攻撃面だけではない。スポーツデータサイト『Sofa Score』によると、本田はセントラルコースト戦で3回のインターセプトを記録。これは同試合に先発したメルボルンの面々の中で、最多タイの数値だ。

また、同選手は前節のニューカッスル・ジェッツ戦でもチーム内最多タイのデュエル勝利数(球際での攻防/9回)をマーク。オーストラリアの地で決定力の高さも然ることながら、守備面での献身性もアピールしている。攻守両面で存在感を示している同選手のプレイぶりが、メルボルン・ビクトリーの浮沈を左右すると言っても過言ではないだろう。




参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ