チェルシーで”Newハムシク”になるのは誰だ!? コバチッチを上回る男

得点力のあるバークリー photo/Getty Images

サッリにとって新たなキーマンになるのは

今季からチェルシーで指揮を執るマウリツィオ・サッリは、自身の哲学を誰よりも理解する選手としてナポリからMFジョルジーニョを引き抜いた。その効果は抜群で、すでにジョルジーニョはチェルシーの中盤を支配する存在だ。

しかし、ナポリではジョルジーニョに加えてMFマレク・ハムシクも中盤で特別な存在感を放っていた。チェルシーでもハムシク役をこなす選手が必要なのだ。

英『Squawka』は「チェルシー版ハムシクは誰だ」と題した特集を組んでいるのだが、徐々に存在感を強めてきた選手がいる。今年1月にエヴァートンから加入したMFロス・バークリーだ。

現在のチェルシーではアンカーをジョルジーニョ、右のインサイドハーフをエンゴロ・カンテが務めており、ここは不動だ。激しいポジション争いがあるのは左のインサイドハーフで、レアル・マドリードからやってきたマテオ・コバチッチ、バークリー、さらにはヨーロッパリーグのBATEボリソフ戦でハットトリックを記録したルーベン・ロフタス・チークの3名が争っている。

当初はコバチッチが優勢かと思われたが、同メディアは特性的にバークリーこそNewハムシクにふさわしいと主張している。テクニックではコバチッチの方が上かもしれないが、バークリーにはコバチッチよりゴールに絡む力がある。

バークリーは先日4‐0で大勝したバーンリー戦でも得点を記録しており、サウサンプトン戦、マンチェスター・ユナイテッド戦に続いて3試合連続得点となった。チェルシーでプレイしたイングランド人選手でリーグ戦3試合連続得点を記録したのはフランク・ランパード以来のことで、得点力ならバークリーがコバチッチを上回る。

ここまでは391分と限られたプレイタイムながら3得点3アシストを記録しており、同メディアもNewハムシクになれる素質があると評価している。今後もコバチッチ、ロフタス・チークとのポジション争いは続くだろうが、近年やや伸び悩んでいる印象のあるバークリーはサッリの下で絶対的な存在となれるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ