ルヴァン杯準々決勝で2戦4発! 得点ランク首位浮上の横浜FM伊藤「FWとして喜ばしいことだが……」

好調を維持する伊藤翔。ゴールでチームを牽引する photo/Getty Images

「チームが勝ってナンボ」

9日にYBCルヴァンカップの準々決勝2ndレグが行われ、横浜F・マリノスがガンバ大阪を3-1で撃破した。この結果、2戦合計スコアを7-1とした横浜FMがベスト4進出を決めている。

この一戦でスターティングメンバーに名を連ね、2ゴールを挙げる活躍を見せたFW伊藤翔。準々決勝の2試合で4ゴールと、ゴールを量産して横浜FMを準決勝へ導いた。そんなストライカーが、試合後のインタビューに応じ「良かったね。今日負けや引き分けて(準決勝へ)行くのとでは全然違う。チームとしてスキを見せるような戦い方ではなかったし、そういう結果にはならなかったから、その点は良かったと思う」と喜びを語った。Jリーグの公式サイトが伝えている。

そして、同大会の得点ランクで首位に浮上したことについて聞かれると、「もちろんFWとして喜ばしいこと」と述べつつも「チームが勝ってナンボ」とコメント。その上で「優勝した上で得点王を獲れれば一番良いけど、まずはチームが勝つこと。次は鹿島だし、ここまで来たら楽な相手はないので、なんとか決勝に行くんだという強い気持ちを見せられればなと思う」と意気込みを明かしている。

はたして、伊藤はこの勢いそのままに、自身のゴールでチームに栄光をもたらすことができるのか。今後の活躍にも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ