ついにレアルのエースへ 絶好調の左足「ベイルがロナウドの影から抜け出す」

好調を維持するベイル photo/Getty Images

今季は開幕から絶好調

今夏にクリスティアーノ・ロナウドが去り、レアル・マドリードではついにFWガレス・ベイルの時代がやってきたのかもしれない。今季の立ち上がりはそんな空気を感じさせるほど絶好調だ。英『Daily Mail』も「ついにベイルがロナウドの影から抜けだす」と伝え、さらなる爆発を予感している。

同メディアが何より注目しているのはシュート意識だ。これまではロナウドが大量の数のシュートを打ってきたが、そのロナウドが退団した影響もあるのか今季のベイルは積極的に見える。今季は1試合平均4.34本のシュートを打っており、この数字はレアル加入以降では最多の数字となる。まだシーズンが始まったばかりだが、ベイルの意識が少し変わってきているのは確かだろう。

現在は62分の1点のペースで得点、あるいはアシストに関わっていて、ベイルを中心に攻撃は回り始めている。あとは怪我を回避するだけで、近年は怪我に何度も泣かされてきている。それさえ回避できれば、シーズンに30点近く奪うことだって不可能ではないだろう。

ウェールズ代表の一員としても先日のアイルランド代表戦で得点を記録するなど、ベイルは絶好調だ。ロナウドが抜けたことにより、今季は覚醒のシーズンとなるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ