CL予選でファン乱入 レッドスター・ベオグラード、本選に先立ち“厳罰”を受ける 

ピッチ内に侵入したレッドスターのサポーター photo/Getty Images

喜びすぎの代償は小さくなく......

8月29日(現地時間)にUEFAチャンピオンズリーグのプレイオフ(2ndレグ)が行われ、レッドスター・ベオグラードが敵地でRBザルツブルクに2-2で引き分けた。2戦合計スコア2-2で両チームが並んだものの、アウェイゴールの差によりレッドスターの本選出場が決定している。

この快挙に喜びを爆発させたレッドスターのサポーター達が、2ndレグ終了後にピッチ内に侵入。一部のサポーターが自軍の選手のユニフォームを剥ぎ取ったほか、花火を発射するなどの危険行為に及んだ。この出来事を問題視したUEFA(欧州サッカー連盟)は、レッドスターに対する処分を決定。同クラブに対し3万ユーロ(約385万円)の罰金、及び敵地で行われるCLグループステージ第2節(パリ・サンジェルマン戦)と第3節(リヴァプール戦)におけるレッドスター・サポーターの入場を禁じた。英『BBC SPORT』が伝えている。

プレイオフの直前に行われた公式戦でサポーターが人種差別に繋がるチャントを歌ったことにより、1stレグを無観客で行うことをUEFAより命じられたレッドスター。今後もサポーターによる凶行が相次ぐとなれば、更なる厳罰が下されても不思議ではないだろう。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ