ユヴェントスの”10番”がスタメンに入れない!? 気になる今後の起用法

ユヴェントスのディバラ photo/Getty Images

今節パルマ戦もベンチと伊メディアは見る

前節ラツィオを2‐0で撃破したユヴェントスでは、10番を背負うFWパウロ・ディバラに出番がなかった。前線ではマリオ・マンジュキッチ、ドウグラス・コスタ、そして新エースのクリスティアーノ・ロナウドが入って3トップを形成したのだ。

伊『Calciomercato』は、今節のパルマ戦でもディバラがスタメンから漏れると見ている。指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが大幅なメンバー入れ替えはせず、前節とほとんど変わらぬ顔ぶれで臨むはずと伝えている。

アッレグリは、「ディバラは落ち着いているが、まだ完璧にフィットしていない。他のアタッカーと同様にリカバリーしていかないといけない」とコメントしており、まだ状態が100%ではないことを強調している。しかし、今後も[4-3-3]を採用する場合はディバラの起用法は気にかかる。マンジュキッチは献身性が高く評価されており、ロナウドは絶対外せない。ドウグラス・コスタの突破力もチームには欠かせないもので、同メディアはフェデリコ・ベルナルデスキが控えていることもアピールしている。

数多くのレジェンドが背負った10番を纏う者はピッチ上で大暴れしてほしいところだが、アッレグリは今後ディバラをどう活かしてくるのか。前線のポジション争いはかなり熾烈なものとなってきている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ