ELは余裕すぎる? チェルシーサポーターは組み分けに呆れ気味「U-18でも突破できる」

EL優勝候補の一角チェルシー photo/Getty Images

グループステージでは戦力の温存が可能か

31日にヨーロッパリーグの組み合わせ抽選会が行われ、グループステージの組み分けが決まった。

ヨーロッパリーグはチャンピオンズリーグに比べるとチームごとの戦力差に開きがあり、優勝候補も予想しやすい。やはりチェルシー、アーセナル、ミラン、セビージャ、ラツィオ、昨季ファイナリストのマルセイユあたりが現時点では戦力的に優位か。

中でもグループステージの組み分けに興奮しているのがチェルシーサポーターだ。チェルシーはグループLに入り、ギリシャのPAOK、ベラルーシのBATEボリソフ、ハンガリーのヴィデオトンと同組に。戦力的にはチェルシーが圧倒的に有利だ。
英『Football London』によると、チェルシーのサポーターからは楽すぎるグループだと楽観的な声が挙がっているという。すでに決勝トーナメント進出は決まったものと見られているのだ。

「決勝の地、バクで会おう」

「18ポイントは間違いないな」

「U-18チームでもこのグループを勝ち抜けられるぞ」

油断は禁物だが、チェルシーの実力が飛び抜けているのは間違いない。本来であればチャンピオンズリーグに出場しておくべき戦力を誇るチームだ。今季こそリーグ戦でトップ4入りを目指すためにも、ヨーロッパリーグのグループステージではある程度戦力を温存して戦いたいのが本音だろう。チェルシーにとっては非常に有利な組み合わせになったと言えそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ