繋げるGKに進化します 開幕節からあわやOGのアーセナルGKが燃える「GKもビルドアップで使わないと」

アーセナルのチェフ photo/Getty Images

エメリ流への適応に意欲

現代サッカーのGKには、シュートストップだけでなく足下の技術も求められる。パスを繋げることは名GKと呼ばれるうえでマストな能力なのだ。そして今その能力を身につけようとしているのが、アーセナルのベテランGKペトル・チェフだ。

チェフは開幕節のマンチェスター・シティ戦に先発出場したが、相変わらず足下の技術には不安があった。あわやオウンゴールという危険なプレイもあり、もはや現代サッカーに合うGKとは言えないのかもしれない。英『Telegraph』によるとチェフもそれを理解しており、新指揮官ウナイ・エメリがポゼッションでゲームを支配するサッカーを望むのなら足下の技術を身につけたいと意欲を示している。

「ポゼッションしてゲームを支配したいなら、全ての選手を活用する必要がある。このレベルになれば1対1は難しく、GKもビルドアップで使わないといけない。それがGKの役割だ。ロングボールを好むチームなら、GKの役割も異なってくる。僕はキャリアのほとんどでロングボールを求められてきた。今季は僕にとって良い変化だよ」

前指揮官アーセン・ヴェンゲルもショートパス主体の攻撃的なサッカーを好んでいたが、後方から何が何でも繋ぐというタイプではなかった。エメリのサッカーとは異なるものと言っていいだろう。チェフがエメリのサッカーに適応するには、足下の技術を高めるしかなさそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ