「神モード」、「日本で“イニエスタッソ”」 イニエスタのJリーグ初ゴールをスペイン紙絶賛

J1初ゴールを挙げたイニエスタ photo/Getty Images

巧みなターンで相手DFを翻弄

11日に明治安田生命J1リーグの第21節が行われ、ヴィッセル神戸がジュビロ磐田に2-1で勝利した。

今夏にバルセロナからヴィッセル神戸へ移籍したMFアンドレス・イニエスタが、同試合でJリーグにおける初ゴールを記録。15分に敵陣ペナルティエリア内でルーカス・ポドルスキからのパスを受けると、華麗なターンで相手DF大井健太郎をかわす。すかさずドリブルでGKカミンスキーを振り切り、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。このイニエスタのファインゴールに、スペイン紙『MARCA』の電子版が反応。「イニエスタが日本でゴラッソ(※スペイン語で“素晴らしいゴール”の意)を叩き込んだ。“神モード”のコントロールだった」という見出しとともに、同選手のゴールを動画つきで紹介している。

また、スペイン紙『as』の電子版も同選手のゴールを絶賛。「日本で“イニエスタッソ”(※主にスペインで使われている同選手のファインゴールの俗称)。彼の初ゴールに注目しよう。コントロールされたルーレットで相手GKを跪かせた」という文言を添え、動画つきで同選手のゴールを伝えている。

絶妙なタイミングで敵陣ペナルティエリアへ侵入し、ワンタッチで相手DFを翻弄したイニエスタ。このゴールは世界中のサッカーフリークによって語り継がれそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ