スペインサッカー協会、スーペルコパでの“VAR採用”を発表 今季はリーガで導入

各国で採用されているVAR制度 photo/Getty Images

12日にモロッコで開催

スペインサッカー協会(RFEF)は現地時間の10日、同12日に行われるスーペルコパ・デ・エスパーニャ(バルセロナ対セビージャ)でビデオアシスタントレフェリー制度(VAR)を導入することを発表した。なお、同大会は昨季までホーム&アウェイ方式で行われていたが、今季は中立地モロッコでの一発勝負となる。

今季よりVARが導入されるリーガ・エスパニョーラ。昨年11月の同リーグ第13節(バレンシア対バルセロナ)ではリオネル・メッシのシュートが完全にゴールラインを越えたものの、ノーゴールの判定に。この出来事によりビデオ判定の早期導入を求める声がスペイン国内で強まった。誤審撲滅にむけて積極的な動きを見せたスペインサッカー協会だが、VAR導入を契機とし、判定の精度を高めることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ