ポグバの時は移籍金を批判してたような…… 大型補強にクロップ「周囲がどう思っているかは気にしていない」

リヴァプールを率いるクロップ photo/Getty Images

最近は積極的な動き目立つ

先日にはローマからGK史上最高額となる6500万ポンドでGKアリソン・ベッカーを獲得し、他にも今夏はモナコからMFファビーニョ(4400万ポンド)、ライプツィヒから5275万ポンドで獲得していたMFナビ・ケイタが合流するなど、ここ最近のリヴァプールの札束攻勢は実に激しい。しかも今年の冬にはサウサンプトンからDFフィルジル・ファン・ダイクを7500万ポンドで引き抜いている。金にモノを言わせたチーム作りと批判を浴びても言い返せないだろう。

この派手な補強について、リヴァプール指揮官ユルゲン・クロップに疑問の声も挙がっている。クロップはマンチェスター・ユナイテッドがポール・ポグバを、パリ・サンジェルマンがネイマールを高額な移籍金で獲得した際に不満を示していたからだ。

英『Daily Mirror』によると、クロップは自身があの時から考えを変えたことを認めている。周囲の意見は気にしていないようで、望む選手を獲得できたと喜びを口にしている。

「1億ポンドもの金額はクレイジーだ。そこから世界は明らかに変わり、今我々は史上最高額のGKを獲得した。周囲がどう思っているかは気にしないよ。ユナイテッドが私の意見を気にしなかったようにね。考えを変えたか?それは事実だ。だが、変えた方がいいこともある。我々は望む選手を獲得したんだ」

今後リヴァプールには巨額な資金でチームを強化したチームとのイメージが根付くかもしれない。しかし、マンチェスター勢と張り合うには補強が必要なのも事実だ。これでプレミア制覇を達成できれば問題はないだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ