バルセロナで起こる”フランス革命” ウムティティ、デンベレ、ラングレらが主力へ

バルサに加入したラングレ(右) photo/Getty Images

タレント揃いのフランスにバルサが狙い定める

今フランス人選手がどれだけ実力者揃いなのか。それはバルセロナの動きを見れば分かってくる。バルセロナは先日セビージャからフランス人DFクレマン・ラングレ獲得を発表し、最終ラインの層がさらに厚くなった。

ラングレを獲得したことにより、バルセロナは現在フランス代表DFサミュエル・ウムティティ、リュカ・ディーニュ、FWウスマン・デンベレと合わせフランス人選手が4人クラブにいることになる。スペイン『MARCA』によると、バルセロナでフランス人選手が4人揃うのは初めてのことだという。

元フランス代表でバルセロナOBのエリック・アビダルがSDに就任しているのも大きいのだろうが、バルセロナはさらにパリ・サンジェルマンに所属するフランス人MFアドリエン・ラビオ獲得に迫っているとの情報も出ている。成立すればフランス人選手は5人。ポジション的に将来バルセロナのスタメンのうち5人がフランス人選手なんてことも可能になってくる。

同メディアは「バルセロナでのフランス革命」と伝えているが、今最も質の高い人材が揃っているのはフランスか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ