イングランドの黄金期はここから始まる? ダイアー「これが未来の代表選手たちの刺激になれば」

ベスト4進出を決めたイングランド photo/Getty Images

28年ぶりベスト4の衝撃

近年なかなか結果が出ていなかったイングランド代表がコロンビア、スウェーデンを撃破し、28年ぶりにベスト4へ入った。現在のイングランド代表もハリー・ケインやデル・アリ、ラヒーム・スターリングなど若い選手が中心で構成されているが、イングランドはここ最近アンダー世代が国際大会で結果を出している。ここから黄金期を築くなんてこともあるかもしれない。

米『ESPN』によると、若手の1人であるエリック・ダイアーは今大会の活躍が自分たちより下の世代に刺激を与えることになればと願っている。将来サッカー選手を目指す子供たちにも勇気を与えるベスト4入りとなったはずで、ダイアーは大きな意味を持つ結果と捉えている。

「これは大きな意味がある。イングランドが準決勝に進出するのは28年ぶりで、3度目のことだからね。これが未来のイングランド代表選手たちの刺激になればと願うよ。彼らが僕たちを見て、全ては可能であり、彼らもまた成功できると理解してくれるといいね」

強豪国であるイングランドが3度目のベスト4入りとは少々意外な気もするが、1990イタリア大会以降はベスト16とベスト8の壁に何度も躓いてきた。前回大会に至っては未勝利でグループステージ敗退だ。ダイアーたちはベスト4で終わらせるのではなく、1966年大会以来となる優勝まで辿りつけるのか。黄金期の始まりは今大会かもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ