レアル、ジダンの後任はロペテギ! 現スペイン代表監督の電撃就任が決定

レアルの未来を託されたロペテギ監督 photo/Getty Images

ロシアW杯後にチームに合流へ

レアル・マドリードは12日、新シーズンの指揮官に現スペイン代表監督のフレン・ロペテギが就任することが決まったと発表した。契約期間は3年間となっている。

前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げるも、チームの指揮官を務めるジネディーヌ・ジダン監督が先日、2017-18シーズンをもってその座を辞任していたレアル。後任として誰を招へいするかに注目が集まっていたが、20戦無敗でロシアW杯へ挑むロペテギ監督に未来を託すこととなった。クラブの公式サイトによると、W杯終了後にクラブへ合流するという。

5月にスペイン代表との契約延長が発表されたばかりのロペテギ監督だが、“白い巨人”の指揮官に電撃就任が決まった。多くのプレッシャーがのしかかる中、新シーズンは結果を残すことができるのか。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.209 乾と本田で2度追いつく! 日本代表が魅せた執念のドロー
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ