GKの確保が急務のナポリ、新守護神はポルトガル代表のベテランGKか

スポルティングの絶対的守護神ルイ・パトリシオ photo/Getty Images

スポルティングの新SDが移籍について言及

これまでチームのゴールマウスを守ってきたスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナの今夏退団が濃厚とされるナポリだが、新守護神はポルトガル代表のベテランGKとなりそうだ。

レイナとの契約が今年6月末で満了を迎えるため、新たなGKの確保が急務となっているナポリ。伊『Corriere dello Sport』によると、そんなナポリはスポルティングの絶対的守護神ルイ・パトリシオの獲得が間近に迫っているとのことだ。同クラブの新スポーツディレクターに就任したオーガスト・イナシオ氏が「私がここへ着いたとき、それ(パトリシオの移籍交渉)が全てが行われていた。交渉は移籍する方向で進んでいるし、ナポリがこのGKのサインに最も近いクラブだ」と明かしている。

これまで下部組織時代から過ごしてきたスポルティング一筋で、公式戦通算460試合に出場してきたパトリシオ。ポルトガル代表では、EURO2016で母国を悲願の欧州制覇へ導いていた。はたして、30歳の誕生日を迎えた今年、自身初の移籍により新たな挑戦に踏み切ることとなるのか。今後の動向にも注目が集まる。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ