サウサンプトンはセンターバックを補強すべき!? 英紙は前線より吉田らの位置に疑問

サウサンプトンの吉田 photo/Getty Images

得点力不足が課題だが……

今季必死の思いで残留を決めたサウサンプトンは、来季の戦いへ向け効果的な補強をしなければならない。特に得点力不足が指摘される前線は即戦力を加えるべきポジションだが、英『FourFourTwo』はセンターバックを補強すべきと主張している。

同メディアは各クラブが今夏に手を加えるべきポジションをリストアップしており、サウサンプトンはセンターバックが挙げられている。今季はシーズン途中にフィルジル・ファン・ダイクが退団したため、ヴェスレイ・フート、ジャック・スティーブンス、そして日本代表DF吉田麻也の3枚で回してきた。

しかし、同メディアはこの3人に納得していない。

「フートは今季一貫性がなく、スティーブンスはまだ若い。吉田は未だに納得できない。よってヒューズは数週間以内に新たなセンターバックを加えようとするだろう」

同メディアはこのように伝えており、センターバックが問題視されている。サポーターの多くは攻撃的な選手を求めているはずだが、サウサンプトンは最終ラインにも手を加えるべきか。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ