今季CLで最も速かった選手は誰? 圧倒的なスピードで欧州を支配した男

リヴァプールで得点を量産するサラー photo/Getty Images

今大会の主役に

今季のチャンピオンズリーグで主役となっている選手は誰なのか。単純にスピードだけで判断することはできないが、今季は最も「速かった」選手こそ主役と言っていいかもしれない。

チャンピオンズリーグ公式はレアル・マドリードとリヴァプールのファイナルを前に今大会で記録されたトップスピードランキングを発表しているが、1位には絶好調男の名前がある。まず5位はローマDFコスタス・マノラスで33.1Km、4位がバルセロナFWウスマン・デンベレで33.3Km、同じ数字を記録したのがマンチェスター・シティDFカイル・ウォーカーで33.3Km、2位はマンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードで33.5Km、そして1位は、リヴァプールFWモハメド・サラーで33.8Kmだ。

サラーは準決勝ローマ戦でもスピードで相手DFをぶっちぎってゴールを決めていたが、やはりその加速力は驚異的なレベルにある。1度スピードに乗せてしまうと止めるのは限りなく難しいのだろう。今季最も速かったサラーこそ大会の主役と言っていいはずだ。

そのスピードは決勝でも活かされるのか。サラーだけでなくサディオ・マネなどリヴァプールが誇る快速アタッカー陣がスピードに乗ればレアルも対応に手を焼くことになるはずだ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ