イングランドのW杯制覇はまだ早い リネカー氏が期待するのは4年後、6年後

ロシア大会制覇は現実的ではないか photo/Getty Images

若手が伸びてきた時がチャンス

イングランド代表にはもう少しばかり我慢が必要なのかもしれない。今回のロシアワールドカップでも優勝を目指すのは難しいのではないかと主張するのは、同代表OBのゲイリー・リネカー氏だ。

現在のイングランドにはハリー・ケイン、ラヒーム・スターリングなどクラブで結果を出している好タレントがいるが、英『The Telegraph』によれば同氏はワールドカップを制するためにはスタメンの半分以上がワールドクラスの選手で構成されていることが条件と考えている。つまり、まだ足りないのだ。

「現実的に我々にはチャンスがない。トーナメントでは何が起こるか分からないが、ワールドクラスの選手たちが不足している。ワールドカップのような大会を制するには、チームの半分はワールドクラスでないといけない。現時点で我々にはそれがない。だが、4年後や6年後にはそれがあるはずだ」

同氏が期待しているのは、若手選手たちだ。今回発表されたワールドカップメンバーには19歳のDFトレント・アレクサンダー・アーノルド、22歳のMFルーベン・ロフタス・チーク、残念ながら今回は外れたが、フラムには17歳のMFライアン・セセニョンもいる。さらに4年後にはマンチェスター・シティの17歳MFフィル・フォデンやドルトムントの18歳MFジェイドン・サンチョなどユース年代の大会を制したゴールデンジェネレーションたちも
A代表に絡んでくるかもしれない。

4年後でもまだ早すぎるくらいかもしれない。イングランドのワールドカップ制覇をサポーターも望んでいるはずだが、本当の勝負はEURO2024あたりか。

●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.205 2連勝のウルグアイとロシアがグループA突破
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ