マレスカ体制始動のチェルシー 初日の体力テストではDFグストがトップに

23-24シーズンは主将リース・ジェイムズの穴を埋めたDFグスト photo/Getty images

現時点での怪我人は0人に

新指揮官にエンツォ・マレスカ監督を迎え入れたチェルシーがいよいよ始動した。

チェルシーの公式サイトによると、8日、マレスカ体制のチェルシーは初めて全体練習を行ったという。この日の練習には23-24シーズンは怪我でピッチに立つことが出来ずにいたDFウェズレイ・フォファナやMFロメオ・ラヴィアも参加しており、現時点での怪我人は0人に。新シーズンに向けて、所属選手全員が練習を行ったようだ。

そんなチェルシーだが、初日の練習では体力テストを実施。選手全員でシャトルランを行い、見事に最後まで残り続け、1位に輝いたのはDFマロ・グスト。次いでDFベン・チルウェルが2番目の成績を収めたという。
昨年まではチルウェルが1位となっていたチェルシーの体力テストだったが、今年はグストが1位を奪還。23-24シーズン、主将のリース・ジェイムズの穴を埋め、ブレイクを果たした21歳のフランス人DFは新シーズンに向けて万全の体制を整えてきたようだ。

23-24シーズンは怪我人が相次ぎ、前監督マウリシオ・ポチェッティーノ氏も解任となったチェルシーだが、24-25シーズンはマレスカ監督の元、近年の鬱憤を晴らすことはできるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ