存命だった最高齢のイングランド代表選手が94歳で死去 元ボルトンDFバンクス

ボビー・チャールトンにタックルする現役時代のバンクス photo/Getty Images

FA杯で優勝

元イングランド代表DFトミー・バンクスが死去したことが分かった。94歳だった。6月13日にボルトン・ワンダラーズが発表した。

「ボルトン・ワンダラーズの全員が心からトミーと家族と友人に哀悼の意を表します。敬意の印として、クラブはタフシート・コミュニティ・スタジアムの旗を半旗にします」とボルトンはクラブ公式サイトで声明。

バンクスはボルトン・ワンダラーズで255試合に出場した。1947年に入団しウルブズ戦でデビューすると、強烈なタックルが特徴の左フルバック(サイドバック)として、瞬く間に名声を得た。
99,000人以上の観衆が駆けつけた1958年FAカップ決勝では、マンチェスター・ユナイテッドを相手に左サイドバックとしてプレイし、2-0勝利に貢献した。

1958年5月にモスクワで行われたソ連戦でイングランド代表にデビューすると、ウォルター・ウィンターボトム監督は同年のワールドカップスウェーデン大会の代表メンバーにバンクスを選出。キャリア通算で代表6キャップを獲得した。

バンクスは選手生活を引退後、故郷のファーンワースに戻り、主に建築業界で働き、新聞販売店の経営も行った。

『BBC』によるとバンクスは、存命だった最高齢のイングランド代表経験者だった。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ