財政難のエヴァートンがファイヤーセールを行う!? 全ての選手が売却対象となる可能性

移籍の噂のあるブランスウェイト photo/Getty Images

未だ解決しないクラブの財政問題

エヴァートンはクラブのトップタレントの値下げ交渉には消極的だったが、さらなるプレミアリーグでの罰則を避けるために、選手の売却に追い込まれるかもしれない。『THE Sun』が伝えている。

この3年間でエヴァートンは3億7,180万ポンドの損失を出し、現在5億8300万ポンドの負債を抱えている。そして、2025-26シーズンに完成予定の新スタジアムの総工費約7億5000万ポンドのうち、約2億ポンドが工面できていない状況だ。

その結果、財務規則違反で今季の勝点8を減点されたエヴァートンは、6月30日までに売却によって帳尻を合わせなければ、来季はさらに大きな減点を背負うリスクがある。そのため、ジャラッド・ブランスウェイト、ジョーダン・ピックフォード、アマドゥ・オナナといった選手達も他の選手と同様に他のクラブへと売りに出される危機に直面しているということだ。
マンチェスター・ユナイテッドがブランスウェイトの獲得に関心を示していることは以前から知られており、加えて、クラブの守護神でありイングランド代表に選出されているピックフォードにも関心が寄せられているようだ。

今季リーグ戦7得点2アシストのドミニク・カルバート・ルーウィンはエヴァートンでの契約最終年を迎えており、FWのポジションへの投資を考えているニューカッスルからの関心もある。クラブからの新契約のオファーを受けているとされているが、未だ合意に至ってはいない。

エヴァートンの筆頭オーナーであるファルハド・モシリ氏は、問題を抱えた買い手である777パートナーズ(共同設立者であるジョシュ・ワンダー氏がアメリカでの詐欺疑惑で刑務所に入る可能性に直面している)との株式売買契約が期限切れとなったため、他の関係者とクラブの売却について協議できるようになった。クリスタル・パレスの共同オーナーであるジョン・テクスター氏は、クリスタル・パレスの株式を売却する用意があると宣言し、エヴァートンの買収に関心を示している。

財政問題に付随した成績不振など、多くの問題を抱えているエヴァートンはどのようにクラブの財政を立て直していくことになるのか。財務上の問題での降格だけは避けたいところだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ