FA杯制覇もマンU守護神オナナに向けられる厳しい視線 4400万ポンドで加入の新守護神にとって試練の1年に

マンUのゴールを守るオナナ photo/Getty Images

FA杯決勝ではドクのシュートを止められた?

昨夏4400万ポンドの移籍金で加入したマンチェスター・ユナイテッドGKアンドレ・オナナにとって、今季は苦しいことの方が多いシーズンだっただろう。

先日行われたFA杯・決勝ではライバルのマンチェスター・シティを撃破しており、オナナもDFカイル・ウォーカーのミドルシュートを弾き出すなどビッグセーブをいくつか見せた。

しかし、87分にはFWジェレミー・ドクのシュートに対して対応が中途半端になってしまい、失点も許した。ドクのシュートもコースを突いていたが、オナナはある程度余裕を持ってボールに触れていた。外へ弾き出すことも可能だったのではないか。
他にスーパーセーブがあったものの、100点満点とはいかないか。終盤の失点とあって、サポーターも冷や汗をかいたはずだ。

SNS上でも「彼は十分なレベルにないし、これからもそうだろう」、「勝ったから許せる」など、厳しい意見もある。

ひとまずFA杯制覇の成功を掴むことはできたが、今季リーグ戦で58失点も喫した守備陣全体を含めオナナのパフォーマンスも改善が必要か。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ