マンCを止められたかもしれないウッドの決定機逸にアーセナルファン怒り「ハーグで裁判にかけられるべき」

ビッグチャンスを掴みかけたウッドだが、勢いのないボールはグヴァルディオルがクリア photo/Getty Images

もったいないシーンだった

マンチェスター・シティはプレミアリーグ第35節でノッティンガム・フォレストと対戦。アウェイで2–0の勝利を収め、暫定首位のアーセナルをぴったりと追走している。

スコアだけ見れば順当なクリーンシートに見えるが、フォレストには何度か決定的なシーンがあり、ドローでもおかしくない内容だった。38分にはネコ・ウィリアムズからの折り返しをウッドが絶好の位置で受けたが、ボールが足元に入りすぎてしまいトラップをミス。合わせるだけで入りそうなシーンだったが、シュートを打つことができなかった。

また、後半開始早々にも左サイドからのクロスボールを良い位置で叩いたが、ボールに勢いがなくクリアされてしまった。この2度の決定機を決められなかったのはウッドとフォレストにとって痛恨だった。
ウッドとフォレストのファン以外にも、この決定機逸を嘆いている人間がいる。それはシティと優勝を争っているアーセナルのファンだ。アーセナルは暫定首位にいるが、シティは1試合消化が少ない状態で勝ち点差1の2位にいる。したがって、アーセナルが優勝するには最低でもシティがどこかでドローに持ち込まれることが必要だ。英『THE Sun』によれば、SNSには「クリス・ウッドはシティの優勝を確実にするためにオープンゴールを外している」「ウッドはあの演技のあと、ハーグで裁判にかけられる必要がある」など、怒りのポストが並んだという。

勝点26と、ギリギリで降格圏外にいるフォレストにとってもシティ相手に勝点を取れていれば大きかった。たらればを言えばきりがないが、この2度の決定機を逃したことがリーグ全体の最終結果に影響することもあるかもしれない。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ