ベンゼマが退団してもシーズン《100ゴール超え》達成 ベリンガム、ヴィニシウスら新生・レアル攻撃陣の成長

新生・レアル攻撃陣は上手く機能している photo/Getty Images

大幅な得点力ダウンとはならず

レアル・マドリードは昨夏にFWカリム・ベンゼマが退団し、得点力低下の懸念があった。

しかし、その心配は不要だったようだ。9日にはチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグでマンチェスター・シティと対戦し、3-3で引き分けた。スペイン『Mundo Deportivo』はこの3ゴールにより、今季のチーム総得点が101ゴールに達したと取り上げている。

チームNo.1の得点者は、新戦力のMFジュード・ベリンガムで20ゴールを挙げている。ベリンガムの得点力がここまでアップするとは予想外で、早い段階からベリンガムをトップ下起用してきた名将カルロ・アンチェロッティの采配が当たったことになる。
それに続くのは18ゴールのFWヴィニシウス・ジュニオール、16ゴールのFWロドリゴ・ゴエス、エスパニョールからレンタルで獲得した13ゴールのFWホセル、9ゴールのMFブラヒム・ディアス、5ゴールのDFダニエル・カルバハルだ。

ベテランのホセルもフィットし、ミランから戻ってきたディアスもアンチェロッティは巧みに成長させた。

今季レアルが得点を奪えなかったゲームは、11月のラージョ戦(0-0)のみ。ベンゼマ退団の問題はないようで、新生・攻撃陣は見事に機能している。

クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ゴンサロ・イグアインらがいた2011-12シーズンには、ジョゼ・モウリーニョの下でシーズン174ゴールという恐ろしい数字を残しており、これがレアルのシーズン得点記録だ。さすがにこの領域には届かないだろうが、すでに100ゴールを超えた今季のチームも十分な得点力と言えそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ