伊東純也や南野拓実がプレイする仏リーグはスペインのラ・リーガよりハイレベル? 「全く異なるリーグだが……」

伊東はスタッド・ランスでプレイしている photo/Getty Images

マルセイユで指揮を執ったサンパオリの考えは

先日、サウジアラビアのアル・ナスルでプレイするFWクリスティアーノ・ロナウドの発言が議論を呼んだ。ロナウドは、サウジアラビア国内リーグの競争力がフランスのリーグ・アンより上だと発言したのだ。

リーグレベルを比較するのは簡単ではないが、今何かと話題のサウジ・プロフェッショナルリーグとの比較はなかなかに興味深い。

この発言に続き、リーグ・アンのレベルに言及したのは2021年から約1年間フランスのマルセイユを指揮していたホルヘ・サンパオリだ。仏『L’Equipe』によると、サンパオリはロナウドとは対照的にリーグ・アンのレベルを高く評価しており、スペインのラ・リーガにも負けていないと語る。
「フランスでは、どのチームも信じられないほどのスピードで攻撃に出る。非常にスピードあるリーグでの指揮は、私のキャリアの中でもチャレンジだった。本当に良いリーグだと思うよ。(ラ・リーガとリーグ・アンは)全く異なるリーグだが、現在ではリーグ・アンの方がエキサイティングだと思う」

ラ・リーガはバルセロナからリオネル・メッシ、レアル・マドリードからクリスティアーノ・ロナウドが抜け、他のチームも補強額が限られるなど2010年代に比べるとインパクトは弱まっているかもしれない。

それでもタレント揃いなリーグであるのは確かだが、伊東純也や南野拓実がプレイするリーグ・アンのレベルはラ・リーガにも負けないレベルまで上がっているのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ