バルサが3季ぶりに16強へ チームを勝利に導いたのはレンタル中の “ポルトガル代表コンビ”

カンセロとJ・フェリックス photo/Getty Images

この活躍が続けば来季もバルサに……

チャンピオンズリーグ(CL)第5戦のポルト戦で2-1の勝利を飾ったバルセロナ。1試合を残して2位以内が確定し、3季ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

この試合は、前半30分にポルトのFWぺぺに先制ゴールを許してしまい苦しい試合展開に。そんなチームを救う活躍を見せたのが、今夏にレンタル移籍でバルセロナに加入したDFジョアン・カンセロとFWジョアン・フェリックスだ。

失点直後の32分、左サイドでボールを受けたカンセロは、持ち前の個人技で1人かわすと、技ありゴールを叩き込み、流れを取り戻す。そして後半12分にはカンセロのクロスにフェリックスが合わせ、逆転ゴールを決めた。これが決勝点となり、バルセロナが2-1で勝利を収めた。
2人の「ジョアン」がチームに勝利と決勝トーナメント進出を呼び込む活躍を見せたバルセロナ。

カンセロ、フェリックス共に今シーズンまでのレンタル移籍と今のところなっているが、スペイン『as』はポルト戦での活躍が続けば来シーズン以降もバルセロナで見ることができるかもしれない、と伝えている。

カンセロは今シーズン、公式戦16試合に出場し、3ゴール2アシスト、一方のフェリックスは公式戦16試合で4ゴール3アシストを記録しており、バルセロナの重要なピースの一部として機能している。

まだ、来シーズン以降の去就が決まっていないカンセロとフェリックスだが、この調子でチームに欠かせない選手となることができれば、バルセロナ残留への道も出てくるだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ