ナポリ、PSG、マンUで活躍したストライカーの新天地はアルゼンチン? カバーニはボカ・ジュニアーズへ移籍か

移籍が噂されるカバーニ photo/Getty Images

昨シーズンはバレンシアでプレイ

昨年の夏にマンチェスター・ユナイテッドからバレンシアに移籍していたFWエディンソン・カバーニ。

しかし、スペイン『SPORT』によると今夏に退団する可能性があるという。同メディアはカバーニのボカ・ジュニアーズへの移籍が近づいていることを報じている。

カバーニの代理人は「バレンシアとの契約解除については、現在調整中だ。バレンシアがボカと合意に達するかどうか、その結末を見守りたい」というコメントもしており、移籍交渉がすでに行われているようだ。
カバーニはこれまでナポリやPSG、マンチェスター・ユナイテッドに所属していた世界を代表するストライカーの1人だ。ナポリでは138試合に出場し、104ゴール、PSGでは301試合に出場し、200ゴール、マンUでは59試合で19ゴールを記録している。

バレンシアでは昨シーズン、リーグ戦で25試合に出場し、5ゴール2アシストを記録。36歳のストライカーはまずまずの成績を残したが、今夏の退団の可能性が高い。

南米サッカー連盟で新たな選手を登録するには29日の午後7時までとなっているため、ボカは移籍を急いでいるようだ。ベテランのストライカーの今夏の移籍は実現するのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ