トロサールのアーセナル行きで再び注目 デ・ブライネ、クルトワ、伊東純也の才能育てたヘンクの育成力

トロサールもヘンクで成長した選手だ photo/Getty Images

育成力と才能を見抜く能力に脚光

今冬にブライトンからアーセナルへ移籍することになったベルギー代表FWレアンドロ・トロサール。ブライトン指揮官ロベルト・デ・ゼルビと衝突したとの話題から一気に話が動いたが、結果的にトロサールはプレミアリーグ首位を走るアーセナルへとステップアップすることになった。

これを受け、英『GIVE ME SPORT』が注目したのがベルギーのヘンクだ。

トロサールはヘンクの下部組織を経てトップチームデビューし、そこで結果を出したところから2019年にブライトンへ引き抜かれた。トロサールと同様に、ヘンクを経て5大リーグへステップアップした選手が多いのだ。
同じベルギー代表ではマンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネ、レアル・マドリードGKティボー・クルトワ、アトレティコ・マドリードFWヤニック・フェレイラ・カラスコ、レスター・シティDFティモシー・カスターニュもヘンクのアカデミー出身者だ。

他には現アタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレはオールボーからヘンクに加入し、そこで3年過ごしてからアタランタへ。現ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチは2014年にセルビアのヴォイヴォディナからヘンクに加入し、そこからラツィオへ。

レスター・シティ所属のナイジェリア代表MFウィルフレッド・エンディディはヘンクでプロデビューし、2年後の2017年にレスターへ。現アストン・ヴィラのFWレオン・ベイリーもヘンクでデビューし、2017年にドイツのレヴァークーゼンへ移籍している。

アカデミーで育てた選手もそうだが、他クラブから獲得してきた選手も成功例が多い。育成と目利きに優れたクラブと言えるはずで、トロサールのアーセナル移籍劇でヘンクも注目されることになった。

そして何より、ヘンクといえば日本代表FW伊東純也が成長したクラブでもある。2019年に柏レイソルから加入した伊東は、ヘンクでベルギー国内リーグを代表するウイングへと成長。日本代表でも不動の右ウイングとなり、ヘンクでの時間は貴重なものとなった。現在はフランスのスタッド・ランスでプレイしており、活躍度を考えれば当時伊東を柏から引き抜いたヘンクの判断は大正解だった。

現在はシント・トロイデンを中心に日本人選手も続々とベルギーへ挑戦しているが、ベルギーのクラブとしては若い逸材を育てて5大リーグのクラブへ売却するのが1つのビジネスモデルとなり、近年のヘンクは成功例と言えるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ