神セーブ連発で“日本のオチョア”と大絶賛 ドイツを止めた絶対守護神に世界が惚れる

何度も日本のピンチを救った権田 photo/Getty Images

枠内シュート8本を止めた救世主

相手選手を追いかけすぎてPKを与えたときは日本中がため息に包まれたが、日本代表がFIFAワールドカップ・カタール大会初戦でドイツを倒せたのは守護神・権田修一がいたからだ。

PK献上のシーンは相手の長いボールに守備陣形が崩されてしまい、飛び出した権田の対応も100点とは言えないものだったかもしれない。しかし、ドイツはこのゲームで実に26本ものシュートを放っている。ポスト直撃のシュートや枠外に飛んでいったものなどドイツ攻撃陣の精度にも問題はあるが、やはりスーパーセーブを連発した権田の貢献が大きい。

米『ESPN』はドイツ戦でのパフォーマンスから、権田を『日本のオチョア』と呼ぶ。オチョアとは同じくカタール大会に出場しているメキシコ代表のベテラン守護神ギジェルモ・オチョアのことで、オチョアも初戦のポーランド戦ではFWロベルト・レヴァンドフスキのPKをストップする大活躍を見せている。
日本戦でドイツが放った枠内シュートは9本。そのうちPKの1点しか許さず、権田は8本を抑えた。追加点を奪われていれば試合が終わっていた可能性が高く、75分まで必死に耐えた権田と守備陣の働きは大きい。

同メディアは「アメリカのホッケーでは、最もホットなキーパーを擁するチームがスタンレー・カップを制するという決まり文句がある。サッカーのW杯にそれは当てはまらないかもしれないが、日本がベスト16に進出する理由にはなるだろう」とも付け加えている。権田を勢いに乗っている守護神と認めているのだ。

シュートを26本打たれたとはいえ、ドイツの猛攻をPKの1点に抑えたことは日本代表の自信となったはず。グループ最終戦では高い攻撃力を誇るスペイン代表との一戦が控えており、ドイツ戦以上に攻め込まれる可能性も考えられる。GKのスーパーセーブも必要になりそうだが、権田は再び神懸ったセーブを見せてくれるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ