いまだに決まらぬマルセロの移籍先 レアル退団後に複数クラブが関心も獲得に至らない理由

CL決勝がラストゲームとなったマルセロ photo/Getty Images

昨季限りでレアルを退団し現在フリー

昨季限りでレアル・マドリードとの契約を満了し、チームを退団したマルセロ。15年在籍したレアルから新たな旅立ちをすることとなったブラジル代表DFだが、いまだに移籍先が決まっていない。

34歳となるマルセロは、2007年にフルミネンセからレアルへと加入すると、数多くのタイトル獲得に貢献する。公式戦546試合で38ゴール103アシストを記録しており、世界最高峰の左サイドバックとして長年レアルを支えてきた。

スペイン『MARCA』によれば、今夏は複数クラブが関心を示しており、カタールやUAEなどのアジアからもオファーが来ているものの欧州でのプレイを希望し、断っているようだと報道。さらにミランやマルセイユからも獲得の噂を挙げられたマルセロだったが、高額な年俸がネックとなっており実現には至っていないようだ。

十分すぎる経験値と実力を兼ね備えたプレイヤーだが、年俸条件や欧州クラブでのプレイに限定するなど、なかなか移籍先が決まらないマルセロ。彼の次なる所属先はどこになるのか注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ